Contents

Raspberry Pi 3にRaspbian Busterを導入する

Contents

Raspberry Pi 3 Model BにRaspbian Busterを導入したので作業メモ。

実施環境

  • MacBook Pro 13インチ 2017年モデル
    • macOS Catalina 10.15.4
  • Raspberry Pi 3 Model B
  • Raspbian Buster with desktop

Raspbianイメージを取得

1
2
$ cd ~/Downloads
$ wget http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/images/raspbian-2020-02-14/2020-02-13-raspbian-buster.zip

Raspbianイメージを書き込み

microSDカードをMacBook Proに接続する。以下のコマンドでイメージを書き込む。

1
2
3
4
5
6
7
$ diskutil list
$ diskutil umountDisk /dev/disk2
$ cd ~/Downlaods
$ unzip 2020-02-13-raspbian-buster.zip
$ sudo dd bs=1m if=2020-02-13-raspbian-buster.img of=/dev/rdisk2 conv=sync
$ sync
$ diskutil umountDisk /dev/disk2

Raspberry Piにマウス、キーボード、ディスプレイを接続する。

microSDをRaspberry Piに入れ、microUSBケーブルを接続すると起動。

初期設定

デスクトップが起動すると初期設定画面が表示されるので、ユーザパスワード、無線LAN接続などを設定する。

デスクトップが表示されたら、端末からsudo raspi-configコマンドでコンフィグを起動する。

Interfacing Optionsを選択し、カメラを接続するためP1 Cameraと、開発用PCからリモートで接続できるようにP2 SSHP3 VNCをそれぞれ有効にする。

ifconfigコマンドでIPアドレスを確認し、再起動する。開発用PCからSSHでRaspberry Piのpiユーザへ接続できれば設定完了。

参考文献