Contents

yaml_cvによる履歴書PDFのビルドをGitHub Actionsでやる

Contents

履歴書PDFのビルド作業をGitHub Actionsで定義した。 リポジトリ自体はyaml_cvをクローンし、プライベートリポジトリとして作成した。 以下の内容を.github/workflows/create_pdf.yamlとして保存し、リポジトリにプッシュするだけ。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
name: Create PDF
on: push

jobs:
    lint:
        name: Create PDF
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - uses: actions/checkout@v2
            with:
              fetch-depth: 1
          - uses: actions/setup-ruby@v1
            with:
              node-version: "2.7"
          - run: |
              gem install prawn
              ruby make_cv.rb -i data.yaml -s style.txt -o output.pdf
          - uses: actions/upload-artifact@v1
            with:
              name: create-pdf
              path: ./output.pdf

ビルドに成功すると以下のようにActionsタブにビルド結果が表示される。create-pdfをクリックするとPDFがダウンロードできる。